ワイン名人の資格を一念発起して取得したときのチャット

かつてワインを販売する仕事をしていたことがあります。最初はワインのワの単語も知らないほどの半人前で、連日資料を見たりして記載を増やしていました。ワインと一言で言っても、ブドウの型式や処理罹る国々や原野、スパーク指輪や白と赤など最も強く大きいアイテムなので他のお酒とは違うなあと思いました。
ワイン営業をするうちにだんだんと記載もついてきたので「いっそ免許を取得しよう」という胸中になり、インターネットで調べてみました。その当時はワインに関する免許は主に3つあり、ソムリエとワインコンシェルジュとワイン識者というのがありました。ワイン関係の生業に台数通年従事していないと他の二つは受験資格がないので、ノンプロも受験とれるワイン識者という免許を受験することにしました。因みに出題おしゃべりやハードルは3つともまるで変わりません。倍率も決して高くはなく、中途半端な気持ちでは上出来できない免許でもあります。
マークシートと、単なるテイスティング位が試験おしゃべりなのですが、必ず多くのワインに関する記載を頭に叩き込む必要がありました。それでワインを片手にオシャレに習得、はまったくなくて暇さえあれば本文を開いて暗記をするという連日でした。忘れたらまた憶えなおして、目下思い出してもさらにやりたくないというのが本音です。やっと合格することができたときは「いよいよ習得しなくていいんだ」とほっとしたものです。毛がにのお取り寄せで選んで失敗の無いショップはこちら